0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Cantina Raina Trebbiano Spolentino カンティーナ・ライナ トレッビアーノ・スポレティーノ

タイプ
オレンジワイン  辛口 
生産地
イタリア ウンブリア州 
造り手
カンティーナ ライナ【Cantina Raina 】
品種
トレッビアーノ・スポレティーノ100%
生産年
2018年
醸造
発酵:果皮と共にステンレスタンクでスキンコンタクト / 熟成:澱と共にステンレスタンクで5ヶ月間
度数
13.5%
容量
750ml
商品コード: ita0542
希望小売価格(税込):¥3,300
販売価格(税込) ¥2,970
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
自然派ワインこだわり!ウンブリア晩熟土着葡萄品種、トレッビアーノ100%から造る1本。果皮ごと醸した葡萄の旨味が溶け込み、温かみを感じるオレンジワインです。

発酵は野生酵母を使用し、澱と共に5ヶ月間熟成。SO2は必要最小限に抑えて瓶詰めし、旨味が抽出されるまで、2ヶ月間ほど寝かせてから出荷をしています。

色はやや濃い目の黄金色。落ち着きと華やかさを兼ねたキンモクセイの白い花のアロマと蜜を含んだカモミールの香りが重なりあうように広がります。

アタックは非常に柔らかく、溶け込むタンニンを感じる僅かな渋み、ミネラル感がしっかりと味わいを支えています。 生産者の自然を大切にするメッセージが伝わるような、雑味のないクリーンな仕上がり。ぜひ時間をかけてお召し上がりください。

【カンティーナ・ライナについて】
「イタリアでもっとも美しい村」の1つとして知られる、モンテファルコから東に約4kmの小さな集落にある家族経営のワイナリー。ファブリッツィオ・マリアニ氏が12haの土地を購入し、2002年に設立しました。

ワイナリー名の「ライナ」はこの土地で最初にサグランティーノを植えた前オーナーの名前。歴史にその名を残すためにワイナリー名に名付けたそうです。

現在はマリアニ氏の息子フランチェスコがオーナーとなりワイン造りを継いでいます。彼は大学を卒業後は料理人の道を進み、ミシュラン星付きのレストランで勤務していましたが、2007年から畑仕事と醸造学びワイナリーへ加わり、現在に至るという経歴です。

畑では原則としてビオディナミを実践。化学的な除草剤、殺虫剤などは一切使用していません。収穫は全て手摘みで「自然な土地の味が詰まった葡萄をそのままワインに変える」という醸造のスタイルを貫いています。そのため発酵は野生酵母を使用し、SO2も必要最小限に抑えるようにしています。

ワイナリーには、郷土料理を楽しむことができるレストランやビオディナミ農法で造られた野菜、ハーブやお肉を提供するイベントなどが行われています。スローフード、スローワイン、料理人の経験も持つフランチェスコ氏ならではの考えがそのまま反映されたワイナリーです。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):