モンターニュ・ド・ランス

パリから東に約150Km、TGVでは45分と観光都市としても知られるランス。町の中心には25人の仏国王の戴冠式が執り行われ、1991年には世界遺産に登録されたノートル・ダム大聖堂が堂々とした姿を見せています。 「モンターニュ」はフランス語で「山」の意。その名の通り、ランスともう一つの中心地エペルネの間には、緑深い山があり、山のすそ野に葡萄畑が広がっています。平均気温が10度と非常に冷涼ですが、豊富な日照量のおかげで葡萄の生育が可能となります。また、白亜の石灰質土壌はその味わいにミネラル感を与えています。主要品種はピノ・ノワール。コクのある、味わいが特徴です。 グランクリュ畑には、ピノ・ノワールの聖地「ヴェルズネイ」、酸が柔らかでふっくらとした味わいが特徴の「ブジー」、ボリューム感のある果実味とややスパイシーなニュアンスを醸し出す「アンボネイ」など、ピノ・ノワールを主体にした飲みごたえのある味わいのものが産出されています。

モンターニュ・ド・ランス 商品一覧

全18件中 1〜15件目

1 2

    全18件中 1〜15件目

    1 2

    PICK UP

    お知らせ

    カートに追加しました。
    カートへ進む

    営業日カレンダー

    2024/6
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    2024/7
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    2024/8
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31